宮崎県宮崎市にある、内科・呼吸器科・神経内科の独立行政法人国立病院機構宮崎東病院です

薬剤科

薬剤科紹介

スタッフ構成5名(薬剤科長、調剤主任、製剤主任、薬剤師2名)薬剤助手1名

病気の治療に欠かすことの出来ない『薬』。
薬剤科では、「目配り・気遣い・創意工夫」をモットーに、患者様に安心して『薬』を使って頂けるよう薬の品質の確保、有効性・安全性に関する情報の収集を行なっています。そして、調剤業務・薬剤管理指導(服薬指導)業務・製剤業務(無菌調製業務)・医薬品情報業務等を通じて患者さまに最も安全で効果的な薬物治療が行えるように努力しています。

業務内容

調剤業務

医師の処方せんを確認し、患者様ひとりひとりにお薬をつくることを調剤といいます。
処方せんの内容は患者様それぞれによって違いますし、またその時の症状によっても違ってきます。処方内容について、のみ合わせ・副作用・量・のみ方などのチェックを行い、不明な点などは医師に問い合わせをして、正確に調剤するために十分に注意を払っています。

また服用するお薬の種類が多い方には、一回分ずつに包装し、錠剤での服用が困難な方には粉砕して調剤するなどの工夫をしています。注射薬は、投与経路・速度・期間・混合しても良いかどうかなども確認します。

薬剤管理指導業務(服薬指導)

入院患者さんの薬物治療についての情報を管理しています。
患者さんとの面談により副作用やアレルギー等の有無を確認し、安心して正しい服用ができるように服薬の説明や指導を行なっています。

薬品管理・在庫管理業務

患者様には見えない仕事のひとつに薬品管理・在庫管理業務があります。内服薬(のみぐすり)、外用薬(ぬりぐすり、目ぐすり等)、注射薬など毎日とても多くの医薬品が使われています。これらを不足のないように購入したり、使用期限に注意したり、安全な医薬品を使用していただくために品質管理を行なっています。

無菌製剤調整

安全キャビネットで抗がん剤の点滴を無菌的に混合調整しています。その際、抗がん剤の量、治療日程の間隔、点滴速度などを確認し、安全で適切な抗がん剤治療が行われるようチェックを行っています。

チーム医療への参加

薬剤科から、様々な委員会や各診療科のチーム医療へ参加し、医師や看護師など他職種とも連携を計っています。

 

「院外処方箋における疑義照会プロトコール」の運用について
(2019年9月1日更新)

【保険薬局 各位】
薬剤科 田中誠
保険薬局との疑義照会に関するプロトコール
平素は、国立病院機構宮崎東病院(以下、当院)の運営にご理解、ご協力を賜り誠に感謝申し上げます。
当院は、平成22年4月30日付 厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコールに基づく薬物治療管理の一環として、調剤上の形式的な変更に伴う疑義照会を減らし、保険薬局にての待ち時間の軽減、医師の診療時間の確保、さらに適正使用の推進に寄与できると考え「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコール」を運用する事としました。
本プロトコールを適正に運用開始するにあたり、疑義照会簡素化の趣旨や各項目の内容を把握し(下記資料)、かつ、合意書を交わすことを必須条件としております。参画をご希望される場合には、当院薬剤科(電話番号0985-56-2311代表 平日9時00分~16時00分)までご連絡ください。
合意書受付締め切り(2019年4月以降):毎月16日必着
合意等の開示:毎月1日(土日祝を除く、病院稼働日初日)

【合意された保険薬局へのお願い】
プロトコールを実施された場合は、その都度、速やかに報告をお願い致します。


内容に関しては下記の資料ご参照下さい。

プロトコール


合意書


宮崎東病院 院外処方箋の変更報告書)


変更届・合意撤回届


疑義照会作業省略に関する注意点・事例


調剤薬局一覧(20190901)


合意医師一覧

  • 地域医療連携室
  • 医療相談のご案内
  • 大型医療機器利用について
  • 出張講座
  • 施設基準
  • NEWS宮崎東
  • 寄付のお願い
  • 入札告知のお知らせ
  • 第72回国立病院総合医学会
  • 宮崎県難病医療連絡協議会